テラアクティブステッカー 3シート(30シール)ベージュ、ゴールド、大判サイズ

超美振動(P-UP領域波)の力を活用し、体調を整えるテラアクティブシール


“生命の波長”とも言われる育成光線の力を活用したエネルギーシール。
 

痛みやこりが生じると、人体は「プラス電荷」に傾きます。このシールは、その状態を中和させ、調和ある健全な肉体の状態をサポート。
 

高次医療でも取り入れられているシールの素材は、肌へ優しく接着するように作られているため、敏感肌でも使用できます。
 

シール1枚は使いやすい2.2cm角サイズ。

“生命の波長”とも言われる超美振動とは?

1秒間に1兆回(1テラ)もの振動で、内側から美と健康を引き出してくれることが期待できる遠赤外線の一種「育成光線」。


 

育成光線はテラヘルツ波の中でも生命にとって必要な光エネルギーとしてNASAで発見されました。


 

さらに、その育成光線は6~15μm(マイクロメートル)の波長を示しますが、そのの中でも最も効果的な波長は7.9~9.3μm、およそ32~38テラヘルツの領域が超美振動領域になっています。


 

医療分野で注目されるテラヘルツ波

テラヘルツ波を照射することで、傷ついた細胞を修復するという作用があることも分かっています。
 

最も注目されるのが「物性変化」です。

テラヘルツ波を照射すると、物質を構成する原子の振動が共振して最終的に結晶を構成する原子・分子の配列様式の「乱れ」が正されると考えられます。

 

照射を止めた後も、高いレベルで原子や分子が振動してテラヘルツ波が多量に放出されることになり物質本来の特徴が顕著になると言われているのです。
 

照射の対象が人間であれば、「物性変化」によって細胞の「乱れ」が是正され、人体が本来必要としない細胞の増殖を防ぐ可能性があるというのです。

また細胞の劣化を防いで老化を防止する働きも考えられるとのことです。

そのようにポジティブな働きを及ぼす特徴から、テラヘルツ波は一部の科学者の間で「生命光線(育成光線)」と呼ばれています。


 

※上記画像はゴールド使用。お肌になじませたい場合はベージュをお選び下さい。

テラアクティブシールは人の自然治癒力を高めたり、エネルギーバランスを取ったりする予防医学のために開発されたものです。

肩コリの方は耳の後ろから首筋に貼ると効果的です。

ひどいときは二枚重ねをするとパワーが上がり効果的です。

(個人差があります)


※上記画像はゴールド使用。お肌になじませたい場合はベージュをお選び下さい。

腱鞘炎の方は、腕に貼ると効果的です。

ひどいときは二枚重ねをするとパワーが上がり効果的です。

さらにひどいときは貼った面を表とすると、裏がわに当たるところにもはると効果的です。

(個人差があります)


またテラヘルツを謳った商品は多々ありますが、テラアクティブシールは育成光線領域の波長の中でも生命に影響力の高い周波数32~38テラヘルツの領域のみをシールに転写させることに成功した初めて実用化された製品です。



 

3,000円(税抜)




【3種類のシールがあります】

【ベージュ】
テラアクティブステッカー ベージュ
3シート(30シール)※1枚最大1週間貼り付け可能
22㎜×22㎜
税抜き3000円

肌になじんで目立たない
お仕事中でもOK
部位選ばずはりっぱなしに。



【ゴールド】
テラアクティブステッカー ゴールド
3シート(30シール)※1枚最大1週間貼り付け可能
22㎜×22㎜
税抜き3000円


ポイント使いにGOOD!
リンパエステで簡単全身トリートメント




【大判サイズ】
テラアクティブステッカー 大判サイズ
3シート(30シール)※1枚最大1週間貼り付け可能
45㎜×55㎜
税抜き3000円


大判シートで効果アップ

つらい立ち仕事には足裏やアキレス腱に


  • ランキング8

超美振動(P-UP領域波)の力を活用し、体調を整えるテラアクティブシール【ゴールド、ベージュ、大判】

価格: ¥3,240 (本体 ¥3,000)
数量:
種類在庫購入
ベージュ30シート在庫あり
大判12シール在庫あり
ゴールド30シート在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter



お客様の声

運営サロンはこちら



店長日記

こんにちは!
keep hair designスタイリスト兼
シャンプーソムリエの木田昌吾です
このサイトではプロが使う美容商材を厳選して販売しております
間違いなしの商品ばかりです。
肌荒れをしやすい方。
髪にボリュームがなくなってきた方、
抜け毛が多くなってきた方、
ハイダメージの方
そんな方にオススメ商品ばかりです
是非ご覧下さい!
店長日記はこちら >>

運営サロンはこちら

モバイルサイト

FUKUGENシリーズ

ページトップへ